トップメッセージ

ハンドメイドには、必ずつくり手の想いがこもっています。愛する子どもに、大切な親友に、お世話になった両親に…。 何か心のこもったモノを、手づくりのモノを贈りたいという、その想いの価値はとても尊く、心を豊かにしてくれます。
 独自の商品とサービス提供で、「つくる人」のさまざまな「想い」を支えてきた私たち藤久株式会社。たくさんの「物」にあふれた現代社会では、 とかく手づくりの良さが見失われがちですが、これからは「物」から「事」へ、「事」から「心」へと、人々の価値観が変化していく、多様化していく時代と捉えています。
 そして、「手づくり文化」のすそ野を広げることで、この豊かな社会を構築する一助となりたい。それが私たちの社会的責任であり、存在理由であると考えています。

当社は、2016年6月期から2期連続で当期純損失を計上することとなり、株主・投資家の皆様には大変ご心配をおかけしております。当社では、これまでの業績推移を真摯に省み、 業績回復のために、会社を根本から変える「デザインの木プロジェクト」を設置しました。同プロジェクトでは、当社の構造自体を再構築し、現場が最も力を発揮できる「考え方」と 「仕組み」を作り上げることが必要であると判断し、「当社ビジネス価値の再確認」、「組織の再編成を含む抜本的改革」、「人材育成の充実と人事制度の変革」などの課題に取組んでおります。

藤久株式会社は、皆様から信頼いただける会社となるべく、一層の努力を続けてまいります。

代表取締役社長

後藤 薫徳

 

藤久株式会社の業務内容等を
動画でご紹介します。